2021.07.17 更新



“『竜とそばかすの姫』の舞台は高知!”


今夏、話題の映画で細田守監督の最新作
『竜とそばかすの姫』が昨日公開されました。

TOHOシネマズ高知でも上映が始まりましたが
通常、新作は1日5回上映だそうですが
「竜そば」は4スクリーンで計17回上映(土日は19回)
されるそうです。

また、関連商品や様々な観光地でも
プロモーションが展開され、
映画に対する期待感も高まっています。

その一部をご紹介しましょう。

●コラボ商品①小夏ドリンク
映画にもモデルとして登場するのが浅尾沈下橋。
そのすぐ近くにある岡林農園農園では、
人気商品の小夏ドリンクのラベルに浅尾沈下橋からの
風景写真を期間限定で使用しています。
お値段も、タイアップ価格で216円(税込)が178円(税込)
で販売中!
null



●コラボ商品②高知アイス
高知に旅行したら、必ず立ち寄って食べて欲しい、高知アイス。
パッケージデザインに「竜そば」のイラストを
プリントしたゆず味のアイス4種類を販売しています。
205円(税込)
null



●プロモーション①「竜そば」舞台のモデル公式ガイドマップ
(高知県観光コンベンション協会発行)
映画の背景となった場所や周辺観光地を掲載した
ガイドマップを発行しています。

高知県観光コンベンション協会
https://www.attaka.or.jp/ryu-to-sobakasu-no-hime/#fv-point



●プロモーション②「竜そば」パネル展
(仁淀ブルー観光協議会)
作品世界を紹介するパネル巡回を14日からスタートさせています。




●プロモーション③「竜そば」映画半券キャンペーン
(仁淀ブルー観光協議会)
仁淀川流域6市町村内の店舗・施設で
映画の半券を持参すると、商品の割引や
プレゼントの特典が受けられます。


●プロモーション④シャトルバス運行(高知県高岡郡越知町)
ロケの聖地となる「沈下橋」(高知県高岡郡越知町鎌井田)。
駐車場が無いことから、越知町がシャトルバスを
運行します。
聖地を巡礼したい方々は、ご利用を。


●プロモーション⑤観光屋形船が!
日高村の仁淀川で屋形船を運行する
屋形船仁淀川では船の屋根に映画のバナーを設置しています。



是非、この夏は高知県へ!


QRAUD tosawashi kogeimura
土佐和紙工芸村「くらうど」
〒781-2136 高知県吾川郡いの町鹿敷1226
Tel.088-892-1001 /Fax 088-892-1115
HP http://www.graud-kochi.jp.